ビジネスメール

会社説明会のお礼メール、どう送ったらいい?メール作成時に守りたいポイント5選

就職・転職活動の中での入り口となる会社説明会ですが、説明を聞き、その企業に興味を持った際、説明会参加後にお礼のメールをしますよね。興味を持っているということは、そこの企業を志望し、今後選考を受けてみたいなとお考えの方がほとんどかと思います。そんな大事な場面で、メールの書き方を間違えてしまい、相手に悪い印象を与えてしまったり、それにより選考へ進めなくなってしまっては、とても悔しいですよね。

就活の中で送るメールは、自分を相手に知ってもらう一つの手段となってくると思いますので、この記事を読んでいただき、書き方のマナーなど、ポイントをしっかりとおさえ、是非今後の活動に良い流れをつくり、採用(内定)に至るようにしていきましょう。ポイントさえおさえておけば、悔しい思いをせずに済むと思います。メールは、作成数を重ねるごとに慣れてくると思いますので、あまり難しく考えすぎず作成してみてください。

1.メールの宛先をしっかりと確認しよう

image by PIXTA / 36513678

メールを作成する前に、メールの宛先が間違っていないか確認しましょう。

メールを一生懸命作成し送信したはずなのに、送信先のアドレスが誤っていて、担当者に届いていなかったら、とても悲しいですよね。それが原因で希望しようと思っていた会社の選考へ進めなかったら、悔やんでも悔やみきれません。
そのため、基本的なことではありますが、メールの宛先が誤っていないか、しっかりと確認してからメールを作成し始めましょう。
確認ポイント)

送信先のアドレスが誤っていないか、メール作成前にいま一度確認をする。

2.件名は必ず入れましょう

アドレスを正しく入れたら、次に必ず件名を入れるようにしましょう。

社会人になると、忙しい中メールを受け取った際に、優先順位をつけるため、すぐに確認するべきメールかどうかの判断をすることが多くあります。判断する際に確認するのが、件名の部分になります。そのため、件名を入れずにメールを送ってしまうと、優先順位の判断がつけられず、一度そのメールを開いて内容を確認しなければならなくなってしまいます。小さいなことに思うかもしれませんが、仕事をしている中ではとても無駄な作業になってきてしまいます。相手がそうならないためにも、何に対してのメールなのかが、メールを開かなくても判断できるよう、件名は必ず入れるようにしましょう。
メール例文)

XX月XX日開催の会社説明会の御礼

3.送信先の会社名と担当者名を一番初めの行に入れましょう

image by PIXTA / 19565233

宛先を確認したら、いざ本文の作成となります。

まず、一番初めに、メールを送る相手の会社名(株式会社は略さずに記載)と担当者名を入れるようにしましょう。もし分かるようであれば、担当者の所属している部署名なども入れると、より印象も良くなると思います。手紙を書く際に、相手の名前などは必ず書きますよね。それと同じで、メールであっても、相手の名前などを一番初めに入れてから、本文を書き始めるようにしましょう。
メール例文)

XXXX株式会社 〇〇部 △△様

4.相手の名前を入れたら、自分の名前もしっかりと入れましょう

メールの冒頭は、相手の会社名や名前で始めたので、次は自分の名前をしっかりと入れておきましょう。

自分の名前を入れることを忘れてしまう人が、意外と多いような印象があります。しかし、就活をしていく中で、名前を憶えてもらうことは、とても大事なことだと思います。もちろん、メールに自分の名前を入れたからといって、相手が自分の名前を絶対に憶えてくれるということではありませんが、少しでも面接前に自分の名前を憶えてもらうために、メールを送る際にも必ず入れておくようにしましょう。
次のページを読む
1 2
Share: