ビジネスメール

会社説明会のお礼メール、どう送ったらいい?メール作成時に守りたいポイント5選

メール例文)学生さんの場合は、通っている学校名や学部、学科も入れておきましょう。

私、〇〇大学〇〇部〇〇科に通っております、XX XXと申します。

5.いつの説明会に参加したのか参加日時を入れましょう

相手の名前も自分の名前もしっかりと入れ終わったら、ここからは説明会に参加したことにたいするお礼の文章を作成していきましょう。

ここでは、いつ開催された説明会に参加したのかが分かるよう、参加した説明会の日時を必ず入れておきましょう。会社は、説明会を複数の日程で開催していることがほとんどです。そのため、メールを送ってきてくれた人が、いつの説明会に参加してくれていた人なのかが、メールを見て一目で分かるよう、必ず日時を明確に入れておきましょう。相手は忙しい中メールを確認しているので、わざわざ調べないといけないという手間を掛けさせないような配慮は、メールを作成する上でのマナーになってきます。
また、会社に入社してからも、相手を配慮したメールを送ることは、大事なポイントとなってきますので、今からそれを意識してメールを作成してみてください。

5つのポイントをおさえて作成できたら、メールを送信しましょう

ここまで5つのポイントに分けて、お話をしてきました。どれも、メールを送る上では当たり前のことのよう感じた人もいるかと思います。それは、まさにその通りです。メールを作成するとなると、難しく考えてしまうことも沢山あるかと思いますが、実は、当り前のことをしっかりと守って作成していくことが、何よりも大事なポイントとなってきます。

電話や会って直接話すのであれば、声のトーンや雰囲気などで、多少の間違いがあっても、すぐに修正できますが、メールは文字のみです。その分、一度送ってしまったら、戻すことはできません。文字だけのやり取りだからこそ、マナーを守ったしっかりとしたものに仕上げる必要があると思います。
また、送信する時間帯も、忙しい時間帯だと考えられる午前中は外し、お昼過ぎ~夕方に送るのがいいかもしれません(忙しい時間帯は、相手によって異なってきますが、仕事が始まったばかりは、たいてい忙しいことが多いと思われます)。メールを送る時間帯なども、相手のことを考えて送信できると、なお印象が良くなると思います。是非沢山のメールを作成し、慣れていってください。
1 2
Share: