ビジネスメール

これで安心!入社した際に送る挨拶メールのポイント5選

沢山の苦難を乗り越え、いざ会社へ入社できた方!本当にお疲れ様でした。さて、入社はこれから働いていく中でのスタートラインともいえます。そんな大事な場面ですので、これから一緒に働いていく上司や先輩方へ入社の挨拶メールをしっかりと送っておきましょう。中途採用で入った方々も、新しく入社した会社では「新入社員」となりますので、入社の挨拶メールを是非皆さんに送るようにしてください。ではさっそく、5つのポイントに分けてご紹介していきたいと思います。

1.宛先に漏れがないかを確認するようにしましょう

image by PIXTA / 28276888

入社の挨拶メールを作成しているということは、その会社に入って間もないということかと思います。自分が配属された部署にいる方々の名前すら、当然まだ覚えきれていないと思います。

挨拶メールは、基本的には自分の配属された部署だけなく、関係してくる他の部署の方々にも送る必要が出てきますよね。まだ入社して間もないので、誰に送る必要があるのかなどは、判断がつきづらいと思います。そのため、もし判断に迷うであれば、先輩や上司に確認をし、宛先に漏れがないよう気を付けて作成してください。
今後お世話になる方々へのメールですので、「メールが送られてきていない」などの失礼がないようにしましょう。
宛先の確認について)

・判断に迷った時は、周りの先輩や上司に確認を取るようにする
・同姓同名などに気を付け、送るべき人にしっかり届くようにする

2.件名を必ず入れるようにしましょう

image by PIXTA / 33474725

宛先をしっかりと入れ終わったら、次に必ず件名を入れるようにしてください。これは、今回のメールに限ったことではありませんので、メールを作成する際は、意識して入れるようにしましょう。

メールが送られてきた側は、そのメールをすぐに開くべきものか、後でも大丈夫なメールなのかを判断しています。そのため、メールが送られてきた時に件名が入っていないと、一度開けて内容を確認しなければならず、手間が掛かってしまいます。そうならないようにするため、このメールは何に対するメールなのかが、件名を見てすぐに分かるようにしておきましょう。
相手側のことを考えたメールを作成することは、社会人のマナーになりますので、是非意識しながら作成するようにしてみてください。
メール文例)

入社のご挨拶

3.誰に対して送ったメールなのかが分かるよう、宛先名を入れよう

image by PIXTA / 34641199

本文を始める際、冒頭に、誰宛に送ったメールなのかが分かるよう、宛先名を入れましょう。これは、社内・社外関わらず、冒頭に宛先名を入れておくと、受け取った側が自分に対して送ってくれているということが再認識でき、印象が良くなると思います。

宛先名を入れずに送ってしまっても特に失礼には当たらないかと思います。ただ、自分がメールを受け取った際に、冒頭に自分の名前が入っていたら、悪い気はしないですし、自分宛てのメールで間違ったいないんだなということがハッキリと分かり、良いですよね。手紙を書く際などもそうですが、宛先名は入れると思います。それと同じ感覚で、メールにも、冒頭に宛先名を入れるようにしてみましょう。
ちなみに、今回は恐らく複数の方々にメールを送るかと思いますので、1人1人の名前を入れるのは難しいですよね。その際は、「各位」と入れましょう。これは「皆様」と同じことですので、社内メールや上司宛のメールでも失礼にはあたりませんので、安心して使ってください。
メール文例)

各位
※社内メールや、上司宛のメールに使用可。ただし、取引先などの社外メールには使用しないようにしましょう。

4.自分の配属先や名前などをしっかり明記しておこう

入社して間もないということは、あなたが周りの先輩や上司を把握出来ていないのと同様、周りの方々もあなたについてまだ把握出来ていない人が多いかと思います。そのため、まずはあなたを覚えてもらえるようなメールにしましょう。

あなたを覚えてもらうには、あなたがどこの部署・チームに所属しているのかを入れておくようにしましょう。自分がいる部署以外のことは割りと把握出来ていないものですので、なんとなく「あっ、あそこの部署か」と分かれば、よりあなたのことを覚えてもらえる材料になると思います。
部署だけでなく、もちろん、あなたの名前もしっかりと入れておいてくださいね。もし苗字などが難しい漢字で読みづらい場合は、ふりがなも入れておくと親切かもしれません。また、余裕があれば、出身地などの簡単な自己紹介文を入れてあげると、固くなりすぎないメールにすることが出来るかと思います。
次のページを読む
1 2
Share: