ビジネスメール

面接日程についてのメールが届いた際の返信ポイント5選

メール例文)

△△大学 □□学部 □□学科 〇〇 〇〇と申します。

5.面接日程は、一つだけでなく候補日をいくつか入れるようにしよう

ここで今回のメールの最も重要な面接日程についてを入れていきます。

面接日程について、相手からどのような形態でメールが送られてくるかは分かりません。特定の日にちのみ書かれている場合や、期間が設けてある場合など様々だと思います。どの形態で書かれていたとしても、必ず、可能な日を複数記載しておくようにしてください。これは、なるべくメールの数を増やさないで確定出来るようにするためです。
もしも、可能な日が一日しか書いておらず、企業側がその日はダメだった場合、もう一度日程調整のメールを送らないといけなくなってしまいます。そのような手間を掛けさせないために、可能な日を複数日入れておくようにしてください。
メール例文)

面接日程についてですが、可能な日をいくつかお送りさせていただきます。
この中でしたら、御社のご都合に合わせることが可能ですので、ご検討いただければ幸いです。

・△月〇日
・△月〇日
・△月〇日
・△月〇〇日
・△月〇〇日

5つのポイントをしっかりおさえてメールを作成し、あなたの印象もあげていきましょう

5つのポイントをご紹介しましたが、読んでみると、基本的なことが多かったなと思った方も沢山いるのではないでしょうか。
就職・転職活動中に作成するメールも、社会人になってから作成するメールも、基本をしっかりとおさえておけば、そこまで難しく考えて作成する必要がなくなるかと思います。

受け取った側がメールを読み進めていく上で、自然にメールの内容を読み取れるようなメールにすることが、作成する側の最終的なゴールになってくるかと思います。そのためにも、自分がどんなメールを受け取ったら分かりやすいか、気持ちがいいかを考えてみるようにしてください。是非、素敵なメールを作成できるよう、沢山メールを作成し、自分の力にしていってくださいね。
1 2
Share: