ビジネスメール

就活時のメール返信におけるポイント5選

メール例文)

△△△株式会社 人事課 ◯◯様

5.相手の氏名を入れたら、自分の氏名も入れましょう

誰に送ったかが分かるよう、相手の氏名などを入れました。次は、誰がメールを送ったのかがハッキリと分かるよう、自分の通っている学校名や学部・学科名、氏名を必ず入れておきましょう。

この自分の氏名などを入れるという事は、のちのち採用試験で自分の事を少しでも覚えてもらえるきっかけになるかもしれません。というのも、担当者は、日々沢山の応募者を相手にしているので、一人一人の氏名などを覚えているのは難しいかと思います。その為、自分の事を少しでも覚えてもらえるようにする為、メールを送る際は必ず自分の情報を入れるようにしましょう。学科などをみて、企業側があなたに興味を持ってくれる事もあるかもしれません。
メール例文)

△△大学 □□学部 □□学科 ◯◯ ◯◯と申します。

5つのポイントをふまえて、メールを作成してみましょう

今回は、就活中にメールでやり取りをする際の作成ポイントを5つご紹介しました。どれも、当たり前の事のように感じた方もいるのではないでしょうか。どれも難しい事ではないのですが、当たり前すぎて見落としてしまう事があるかと思います。

しかし、就活をしていく中で、1通のメールが採用結果を左右してしまう事もあります。そのため、メールを作成する際は、相手の立場から見て、分かりやすいメールになっている、失礼に当たる内容になっていないかなど、様々角度から考え、作成するようにしましょう。また、今後社会人になって働き出してからも、メールでのやり取りは必ず出てきますので、少しでもメールの書き方に慣れておきましょう。また、署名機能やテンプレート機能など、メールを扱う上で便利な機能が沢山あります。初めは、メール作成に慣れる必要がある為、なるべく一から作成する事をおススメしますが、慣れてきたら、文章をテンプレートとして保存しておき、効率よくメール作成が出来るようにしておくのも良いかもしれません。こういった機能を、社会人になる前に習得しておくと、「この人は効率良く仕事もこなしてくれそうだな」と採用の際にプラスの印象となり、有利になるかもしれません。スキルUP出来る方法を是非身につけてみて下さい。
1 2
Share: