ビジネスメール

インターンシップに参加した際のお礼メール時のポイント5選

今回は、インターンシップに参加した後、参加した企業の担当者へ送るお礼のメールの書き方についてお伝えしたいと思います。どのような形態で、どんなことを書いたりいいのか、分からない方も沢山いるかと思いますが、5つのポイントに絞ってご紹介していきます。今後の就職活動でもメールを作成しなければならない機会が沢山あると思いますので、是非ポイントをおさえて、今後の就職活動がスムーズにいくよう、頑張ってください。

1.メールの宛先で漏れがないようしっかり確認しよう

今回、メールを送る相手は複数人になりますか?それとも、1人だけになりますか?しっかり確認しましょう。

今回のメールは、インターンシップでお世話になった方々に送る必要があると思います。インターンシップに行った会社により、もちろんその人数は変わってくるかと思います。例えば、特定の先輩についてお仕事を体験した場合と、部の色々な先輩方に教えてもらいながらお仕事を体験した場合など、様々かと思います。
そのため、ここで大事なポイントとなってくるのは、あなたが誰にお世話になり、誰にお礼を伝えたいのかを整理し、メールの宛先を決めるということです。また、お世話になった社員の方々のメールアドレスを全て把握していないということもありますよね。そういったことをふまえ、宛先に漏れがないよう、しっかりと確認をしてから、メールの宛先を入れるようにしてください。
メール作成時の注意点)

・誰にお世話になったのか、誰にお礼を送りたいのかをしっかりと確認してから、メールの宛先を決めましょう。
漏れがないように気を付けてください。

2.本文を書く際、冒頭に必ずメール送信相手の会社名や氏名を入れよう

インターンシップに参加したということは、その際にお世話になった担当者の会社名や部署名、氏名などは覚えていますよね。

本文を書きだす際に、必ずメールを送る相手の会社名や部署、氏名などを入れてから書き始めましょう。文章を読み始める際に、いきなり本題から始まっていると、少し文章の流れに違和感がありませんか。手紙を書く際を思い出してみてください。必ず一番初めに相手の名前などを書くと思います。メールも同じで、このメールを誰宛に送っているのかが分かるようにしておきましょう。そして、受け取った際も、確かに自分宛てに送られてきたメールだと分かると、安心してメールを読み進めることができます。そのため、本文冒頭には、メールを送る相手の氏名などを入れてくださいね。
メール例文)

△△株式会社 営業部 〇〇様

3.自分の名前などを入れよう

相手の名前などを入れたら、次は、自分の学校名や名前などを入れましょう。

ここでは、誰がこのメールを送ったのかがすぐに分かるよう、自分の学校名や学部名、氏名などを入れるようにしてください。併せて、インターンシップに参加した日付も一緒に入れておくようにしましょう。インターンシップに参加したのが、あなただけとは限りません。いつのインターンシップに参加した人なのかということが書いていないと、受け取った側で調べないといけなくなってしまう可能性もあります。インターンシップに参加した際に感じたかもしれませんが、そういった小さな手間も、仕事の効率を下げてしまいます。そのため、必要な情報はなるべくメールに盛り込むようにしてください。
メール例文)

□月□日~□月□□日のインターンシップに参加させていただきました、△△大学△△学部△△学科の〇〇と申します。

4.お礼を伝えよう

ここで、今回のメールの本題でもある、インターンシップでお世話になった際のお礼を伝えましょう。

インターンシップに参加したということは、その会社で業務を体験できたということですので、実際に業務を体験してみて、自分なりに思ったことや考えたこと、感じたことが沢山あったかと思います。社会人になった際のイメージが少し出来たのではないでしょうか。企業側としても、実際業務を体験してもらい、この人はどう感じたのかな?うちの会社を志望してくれるかな?という部分はとても気になっているかと思います。
そのため、インターンシップのお礼を伝えると共に、実際業務を体験してみての感想を、ダラダラとした文章ではなく、簡潔にしっかりと書くようにしてください。
次のページを読む
1 2
Share: