ビジネスメール

インターンシップに参加した際のお礼メール時のポイント5選

メール例文)

業務でお忙しい中、インターンシップに参加させていただき、誠にありがとうございました。

実際〇〇部でお仕事をさせていただき、△△や□□□などを実際に行わさせていただくことができ、
大変勉強になりました。まだ学生という立場ですので、社会で働いていくということの大変さや難しさが
分かっておりませんが、今回のインターンシップに参加させていただき、少しだけ実感することが出来ました。
また、〇〇さんの〇〇や、〇〇を行なう姿を拝見し、とても勉強になりました。ありがとうございました。

5.最後に、その会社を志望したい意気込みを入れよう

お礼を伝えたら、プラスαとして、その企業への志望意気込みを入れておきましょう。

もしインターンシップに参加し、その企業への志望度がますます上がったようであれば、是非その意気込みを最後に入れておいてください。企業側は、どれくらいあなたが自分の会社を志望してくれるのかをとても知りたがっています。インターンシップに参加し、やっぱり自分の思っていた会社ではなかったということも、少なくありません。
そのため、もしその企業を引き続き志望するようであれば、今後の採用試験のためにも、その意気込みをしっかり伝えておきましょう。もちろん、それで採用が決まるという訳ではありませんが、自分の会社を志望してくれていることがマイナスになることは絶対ありません。それであれば、少しでもプラスの印象になるよう、メールでまずその思いを伝えるようにしてみましょう。
メール例文)

今回、インターンシップに参加させていただき、〇〇や□□に取り組んでいるということを改めてお伺いでき、私も是非そういった業務に携わっていけたらと思いました。インターンシップでは、短期間で少しの業務しか行なっておりませんが、是非御社に入社し、沢山の経験を積みながら、御社に少しでも貢献していきたいと思っております。何卒よろしくお願いいたします。

5つのポイントをおさえ、あなたの魅力を少しでもアピールできるメールを作成しよう

作成前は、メールを作成するのが憂鬱だった方もいるかと思いますが、ポイントをしっかりおさえて書くことができれば、そんなに肩肘を張らないでもメールを作成出来たではないでしょうか。

普段送っているメールとは、言葉遣いなどが少し異なってきますので、初めは慣れないかと思います。ただ、メールを送る行為は、社会人になってからも絶対に行ないます。その時に戸惑ってしまうことがないよう、今のうちから少しずつ練習をしておいた方が、後々に困らずに済むかと思います。
そして、最後のポイントとして、受け取った側が読みやすい文章や形態になっているかを意識しながら是非作成してみてください。メールは文章だけのやり取りではありますが、だからこそ、送ってきた人の人間性が垣間見れるものとなっています。「この人のメールは良いな」と思ってもらえるようなメールが作成できるように、頑張ってください。
1 2
Share: