ビジネスメール

会社を休む際の連絡メールの書き方5選

メール例文)

〇月〇日(△)に私用のため、お休みをいただきたく考えております。
お忙しいところご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございません。

5.お休みする日にお願いしたい業務がある場合は、入れましょう

最後に、お休みする日にどうしても他の人にお願いしなければならない業務がある場合は、メールに入れておきましょう。

他の人にお願いしなければならない仕事がある場合は、必ず事前にその人に口頭で報告をしておくのが前提となります。許可をもらった上で、念のため、メール内にもその旨を記載しておくといいと思います。くれぐれも、メールにいきなりお願いしたい業務を記載し、口頭では一切伝えないということだけはしないでください。あなたがお願いされる立場だったら、いきなりメールにだけ依頼内容が書かれていたら、良い気持ちはしないですよね。
あくまで、忘れないようにという意味でメールに記載するだけですので、メールに書いたからそれでOKという訳ではありませんので、気を付けてください。
メール例文)

先日、お願いさせていただきましたが、お休みをいただく日に、〇〇の業務をお願いしたく考えております。
お忙しいところ無理を申し上げてしまい、大変申し訳ございません。
何卒よろしくお願いいたします。

また、その件で何かご不明点等ございましたら、お声がけいただければ幸いです。

丁寧な文章にすることが最も大切なポイント

ここまで5つのポイントを挙げてご紹介してきましたが、今回のメールは、仕事上のメールではありませんので、何よりも丁寧な文章で作成をし、気持ちが伝われば大丈夫だと思います。

今の時代、有給休暇をしっかりと取ってもらう働きをしている会社も増えてきています。その為、休める時はしっかり休む事はとても大事なことだと思います。誰でも、体調不良などで休んだり、私用で休んだりしますので、事前にお休みをする旨を連絡出来ていれば、問題ありません。そして、お休み当日に出勤した周りの人たちが、困った状況になってしまわないよう、段取りをしっかり組んでおくことも重要なポイントかもしれませんね。
そういったことをふまえ、気持ちよくお休みを過ごせるよう、周りの人たちにしっかりとお休みの連絡をしておきましょう。
1 2
Share: