ビジネスメール

会社を休む際の連絡メールの書き方5選

仕事をしていると、体調不良でお休みをしたり、私用でお休みをしたりすることが、必ず出てくると思います。そんな時、社内の一緒に働いているメンバーに対して、お休みをする旨のメールを送るということも併せて出てくるかと思います。お休みをするので、業務上で、周りの人たちにお願いしなければならない事項などもあるかもしれませんので、そんな時に作成するメールの書き方について、5つのポイントに分けてご紹介します。 この記事の目次 1.メールを送る前に必ず口頭で上司の方に報告をしよう 2.宛先に漏れがないようにしましょう 3.件名を必ず入れましょう 4.お休みをする日付とお詫びを入れましょう 5.お休みする日にお願いしたい業務がある場合は、入れましょう 丁寧な文章にすることが最も大切なポイント 1.メールを送る前に必ず口頭で上司の方に報告をしよう今回のメール作成とは少しずれてきてしまいますが、メールを送る前に、必ず口頭で上司の方にお休みをしたい旨を報告するようにしましょう。 もちろん、職場のルールによっては、メールだけで申請可能な場合もあるかもしれませんが、基本的にはまず初めに口頭で伝え、許可を取った方がいいと思います。いきなり「お休みします」のメールが来たら、「あれ?お休みしたって言ってたかな?」と疑問に思われてしまう可能性があります。併せて、一緒に仕事をしている方々にも事前に相談をしておいた方がいいかもしれません。もしも業務上で、何かお願いしないといけない仕事があった際に、周りの方々も調整が必要なこともあるかもしれません。 そういった配慮をしてからお休みをするのも、一緒に働いていく上で大事なポイントとなると思います。メール送信前の確認事項) 上司の方や一緒に働いている人たちに、事前に口頭でお休みをしたい旨を伝えておく2.宛先に漏れがないようにしましょうまず初めに、メールの宛先を設定する際に、漏れが出ないよう気を付けて設定しましょう。 送る相手は恐らく、1人だけではなく、複数の方を入れないといけなくなると思います。上司として報告をしないといけない人は誰なのか。一緒に働いている人たちの中で、お休みを報告しないといけない人たちは誰なのか。これを必ず再確認してから宛先を設定してください。部署全員を入れないといけないという事もあるかもしれません。そんな時は、お休みメールを送る際の宛先グループ […]
ビジネスメール

内定のメールをもらった際の返信ポイント5選

今この記事を読んでいる方、おめでとうございます!これを読んでくださっているという事は、内定が決まったという事でしょうか。 ここまで数々の難関を乗り越え、内定を勝ち取ってきたと思いますので、内定のメールに対する返信もまだ気を抜かず、しっかりと返信ができるようにしましょう。 そのためのメール作成ポイントを5つに絞り文例とともに、ご紹介したいと思います。
ビジネスメール

メール誤送信のお詫びメールの作成ポイント5選

今回は、メールを誤送信してしまった際に、誤って送信してしまった相手に対して送るお詫びメールの作成です。メールを送信する上で、最もやっていけないミスですが、やってしまう可能性が高い問題かと思います。誤送信してしまった際に、どのような内容でお詫びメールを作成するかをしっかり理解してもらえればと思います。
ビジネスメール

インターンシップに参加した際のお礼メール時のポイント5選

今回は、インターンシップに参加した後、参加した企業の担当者へ送るお礼のメールの書き方についてお伝えしたいと思います。どのような形態で、どんなことを書いたりいいのか、分からない方も沢山いるかと思いますが、5つのポイントに絞ってご紹介していきます。今後の就職活動でもメールを作成しなければならない機会が沢山あると思いますので、是非ポイントをおさえて、今後の就職活動がスムーズにいくよう、頑張ってください。
ビジネスメール

面接日程についてメールを返信する際のポイント5選

就活をしていく中で、書類選考通過後、面接を受ける事になるかと思います。その際に、企業側と面接日程について、メールでやり取りをする事も出てくるのではないでしょうか。そんな時に、どのようにメールを作成したらいいのか、書き方を5つのポイントに絞ってご紹介していきたいと思います。
ビジネスメール

就活時のメール返信におけるポイント5選

今回は、就活をしていく中で、メールのやり取りが出てきた際に、どのような点に気をつけて作成すればいいのかを、5つのポイントに絞ってご紹介していきたいと思います。当たり前の事も出てくるかと思いますが、意外と見落としてしまいがちな点もありますので、是非確認してみてください。 選考が自分の希望通りに進むよう、ポイントをおさえ、印象がアップするメールを是非作成してみてください。
ビジネスメール

面接日程についてのメールが届いた際の返信ポイント5選

書類選考を通過し、いよいよ面接に進むことになった際、企業側から面接日程の調整がメールで届くこともあるかと思います。その返信をする際に、どのように返したらいいのか分からないと迷われる方もいると思います。せっかく面接へ進むことになったのに、メールの返信に失礼があり、悪い印象を与えてしまってはもったいないですよね。そのようなことにならないためにも、是非ポイントをしっかりとおさえ、印象が良くなるようなメールの返信をするようにしてください。メール作成は、社会人になってからも必ず使いますので、早めに習得して損はないかと思います。是非頑張ってください。
ビジネスメール

必見!就活中の質問メール作成についてのポイント5選

就活(就職活動)をしていく中で、企業側に質問したい内容が出てくることってありますよね。そんな時、担当者のメールアドレスをもし知っていたら、電話ではなくメールで質問する機会があるかと思います。今まで学生さんだった方は特に、「こういうメールをしたことがないから、どう書いたらいいか分からない」と悩む方もいるのではないしょうか。 そんな方々のために今回は、メールを送る際のポイントを5つに分けてご紹介したいと思います。是非参考にしてみてください。
ビジネスメール

これで安心!入社した際に送る挨拶メールのポイント5選

沢山の苦難を乗り越え、いざ会社へ入社できた方!本当にお疲れ様でした。さて、入社はこれから働いていく中でのスタートラインともいえます。そんな大事な場面ですので、これから一緒に働いていく上司や先輩方へ入社の挨拶メールをしっかりと送っておきましょう。中途採用で入った方々も、新しく入社した会社では「新入社員」となりますので、入社の挨拶メールを是非皆さんに送るようにしてください。ではさっそく、5つのポイントに分けてご紹介していきたいと思います。
ビジネスメール

会社説明会のお礼メール、どう送ったらいい?メール作成時に守りたいポイント5選

就職・転職活動の中での入り口となる会社説明会ですが、説明を聞き、その企業に興味を持った際、説明会参加後にお礼のメールをしますよね。興味を持っているということは、そこの企業を志望し、今後選考を受けてみたいなとお考えの方がほとんどかと思います。そんな大事な場面で、メールの書き方を間違えてしまい、相手に悪い印象を与えてしまったり、それにより選考へ進めなくなってしまっては、とても悔しいですよね。 就活の中で送るメールは、自分を相手に知ってもらう一つの手段となってくると思いますので、この記事を読んでいただき、書き方のマナーなど、ポイントをしっかりとおさえ、是非今後の活動に良い流れをつくり、採用(内定)に至るようにしていきましょう。ポイントさえおさえておけば、悔しい思いをせずに済むと思います。メールは、作成数を重ねるごとに慣れてくると思いますので、あまり難しく考えすぎず作成してみてください。